■Quick Link

水源地ネット 森と湖のある風景画コンクール ダム管理技士試験

ダム管理技士登録・更新・養成講座 ダム管理技士試験
研究論文[所報]
は じ め に
space  一般財団法人水源地環境センターは、ダム水源地の適正な管理を図り、ダム水源地の活性化 と安全で豊かな国民社会の建設に寄与することを目的に、昭和62 年に設立されました。
設立以来、(1)ダム貯水池等の水質保全対策、(2)ダム貯水池等の堆砂対策、(3)ダム周辺環 境整備及び水源地域振興、(4)ダムの流水管理(高水・低水)、(5)ダム水源地の生態環境の保 全・創造、(6)ダム事業等の環境影響評価、(7)ダム等管理の総合計画、等に関する調査研究 及び技術開発並びに現地への適用等を行っています。このうち調査研究を推進する中心的役割 を、センター設立と同時に発足した水源地環境技術研究所が担っています。
センターの発足当初は、ダム水源地域の活性化に寄与する環境整備やダム管理で問題になる 貯水池の水質保全対策と堆砂対策を中心に調査研究が行われました。その後、自然環境重視の 社会的背景から、環境アセスメントや生態系保全対策の調査研究にも重点が置かれるようにな りました。
 最近では、地球温暖化等気候変動の影響もあり、社会的に大きな問題となるような豪雨災害 が頻発していることから、既存のダムを最大限有効に活用することが強く求められています。 そのため、事前放流等において長時間降雨予測情報を活用したダム操作やダムの空き容量を余 すことなく利用するための放流量設定方法など、ダムの効果的な管理に向けた調査研究を推進 することが重要となっています。
 水害の激甚化・頻発化を踏まえた治水対策の更なる推進、カーボンニュートラルなど脱炭素 社会の実現に向けた取り組みの加速化、ダム所在地の地域振興など、ダム管理を取り巻く環境 は多種多様でありますが、時代のニーズを見据えて適切なテーマを選定し、ダム管理の充実に 資する成果を目指して今後も調査研究に取り組んでまいります。
 調査研究の成果は、平成10年度の創刊から毎年、水源地環境技術研究所所報として取りまと めてまいりました。本報は、令和3年度の調査研究成果を取りまとめたものでありますが、継 続中の調査や研究も含まれるため、成果品としては未解明な部分や不十分なところも見受けら れるかと思います。皆様方からのご意見も賜りながら今後も内容を充実させ、ダム・水源地に 関連する諸課題の解決に少しでもお役に立てればと考えております。
 最後に、これまでの所報の作成に当たりまして、多大なご指導とご支援を賜りました関係各 位に改めて心から御礼申し上げます。
  令和3年11月 一般財団法人 水源地環境センター
  理事長 平井秀輝
  水源地環境技術研究所
  所 長 奥秋芳一

平成24年度 水源地環境技術研究所   所報 平成25年11月
平成25年度 水源地環境技術研究所   所報 平成26年11月
平成26年度 水源地環境技術研究所   所報 平成27年11月
平成27年度 水源地環境技術研究所   所報 平成28年11月
平成28年度 水源地環境技術研究所   所報 平成29年11月
平成29年度 水源地環境技術研究所   所報 平成30年11月
平成30年度 水源地環境技術研究所   所報 平成31年11月
令和 1 年度 水源地環境技術研究所   所報 令和 1 年11月
令和 2 年度 水源地環境技術研究所   所報 令和 2 年11月
令和 3 年度 水源地環境技術研究所   所報 令和 3 年11月


<< Top >>
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-14-2 麹町NKビル TEL.(03)3263-9921(代表) FAX.(03)3263-9922
Copyright 2013 Water Resources Environment Center, Japan. All rights reserved.