設立の背景と目的
space

 現在、環境保全は特定の地域のみならず、世界のあらゆる地域の重要な問題です。わが国でも人間生活や社会経済活動において、環境問題への取り組みや生態系への配慮は、なくてはならないものとの認識が共通のものとなっています。こうした中で1992年には環境基本法が、1997年には環境影響評価法が、2002年には自然再生推進法が、2008年には生物多様性基本法が制定されました。河川に関しても治水・利水と併せて、環境の整備と保全を河川管理の目的の一つとした河川法の改正が、1997年に行なわれるなど、環境保全を目指した施策が展開されつつあります。  河川は森林を源流として、上流から下流へと水が一方向的に流れる連続した開放空間です。河川生態系の保全には、水源地域の森林から河口に至るまでの流域を一貫したものとして捉えることが科学的にも社会的にも必要となります。なかでも水源地域は、人間生活と社会経済活動を発展させるために、治水・利水を主目的としたダム事業がさかんに行なわれてきたところです。ダム事業では、河川水がためられ、河川流量が操作されるので、貯水池に新たな生態系が生み出されるだけでなく、ダムの下流河川における土砂供給の様態・水質・流量の変化がおこり、これにともなって河川生態系そのもの、あるいは貯水池周辺の生態系に変化がおこると考えられます。また保全の実行にあたっては、河川生態系が古くから人と相互に関わりあいながら形成されてきた、という歴史認識に立って、より良い流域を持続的に作り出せる社会的なしくみを形成していくことも必要になります。
 水源地生態研究会は、水源地生態研究会議(1998-2007年)を母体に、研究をより統合的に行なうこと、研究成果を水源地域の保全につなげる具体的な道筋を立てることを目指して発展的に改組したもので、ダムが生み出す生態系を科学的に把握し、水源地域の保全のあり方を探求することを目的として、2008年5月に設立されました。

組織と運営
space  水源地生態研究会は、水域に主眼をおき研究する「水圏生態研究委員会」と、陸域に主眼をおき研究する「陸域生態研究委員会」、の2つの委員会から成っています。 各研究委員会には、特定の課題を追求する、あるいはフィールドを共有する研究グループをおき、これら研究グループが、機動的に研究を進めています。現在、水圏生態研究委員会に属する「ダム湖生態系研究グループ」、「ダム下流生態系研究グループ」、「分断影響研究グループ」、陸上生態研究委員会に属する「周辺森林研究グループ」、二つの委員会に属する「初期変化研究グループ」、「データ活用研究グループ」の計6グループがあります。水圏・陸域の二つの委員会は、所属する研究グループ間の研究テーマ等の調整・統合を行ないます。
 事務局は、一般財団法人水源地環境センターが務め、運営事務、研究費助成、研究補助(データ整理、ダム事務所などとのフィールド調整)を行なっています。 また水源地生態研究会は、会の研究活動や運営に関して助言を行なうアドバイザーを置いています。
 委員長およびグループ長により構成される「研究運営会議」が年1回開催され、ここで水源地生態研究会の運営方針・構成、各研究グループの研究方針および計画を決定します。 成果は5年間を目途に取りまとめられることになっており、2008~2012年度の成果は2013年度にとりまとめられました。2014年度から、新たに5年の予定で研究を進めています。
pictur
研究の目標
 水源地生態研究会は、ダムに起因する河川生態系の変化を科学的に解明し、水源地域の保全のあり方を探求・提言することを目的としていますが、各研究委員会は、その第一ステップとして以下の目標を置いています。
check水圏生態研究委員会の目標
space 自然湖沼と比較した場合のダム湖の陸水学的特殊性を理解し、ダム湖陸水学を構築する。
 
  • ダム湖の水理・水文的特性の把握
  • ダム湖の生物相・群集構造の特性の把握
 
  新しく形成されたダム湖生態系のあるべき姿を論議し、生態系管理を提案する。
 
  • ダム湖の生態系管理・ダム湖内生物の個体群管理のモデルケースの提示
  • ダム湖の湖岸帯生態系(エコトーンを含む)管理手法の提示
 
  ダムが下流河川生態系におよぼす影響および,その緩和策を評価する枠組みを構築する。
 
  • ダムによる流況改変・流砂改変・POM改変・水質改変・水温改変の類型化
  • 流況改変・流砂改変・POM改変・水質改変・水温改変の下流への影響の定量化とモデル化
  • 下流への影響範囲とそれに関わる要因の定量化
  • 下流の環境改善策とその効果を把握する指標および評価方法の提示
 
  水生生物の移動分断の影響を定量化し、流域における絶滅回避のための目標を設定する。
 
  • 移動分断の影響の定量化と改善目標の設定
check陸上生態研究委員会の目標
  集水域森林がダム湖に与える影響を把握する。
 
  • 集水域特性とダム湖の水質・堆砂・流木・生物の関係の定量化
  ダム湖が周辺陸上生態系に与える影響を把握する。
 
  • ダム湖と周辺森林の物質的・生物的な相互作用の解明
  • 生物多様性を補償するためのエコトーン管理の評価と提案
  • 湛水域の形成および周辺道路建設などが森林生物群集に与える影響の評価と緩和具体例の提示
check両委員会にまたがる目標
  水源地生態研究に有用なデータベースを構築する。
 
  • 既存情報のデータベース化、およびデータベースの保管と公開
  • 各ダムで行われているデータ取得方法改善の提案

研究成果の公表
 水源地生態研究会の研究成果は、学術雑誌に論文として公表されるほか、セミナーやシンポジウム、
集会等で報告されています。また、『ダムと環境の科学』シリーズとして刊行されています。
【水源地生態研究会主催のセミナー・シンポジウム】
 
  • 第11回水源地生態研究セミナー『新たにスタートする水源地生態研究』
     2008年(平成20)9月 福岡市
  • 第12回水源地生態研究セミナ―『ダム湖の生物群集と物質循環~健全な生態系管理を目指して~ 』
     2009年(平成21年)9月 東京都千代田区
  • 水源地生態研究会 公開シンポジウム『ダムが生み出す生態系はどこまで理解出来たか?』
     2013年(平成25年)9月 大阪市
 
  【応用生態工学会大会における集会】
 
  • 応用生態工学会 大阪大会 自由集会『ダム下流生態系』
     2013年(平成25年) 9月 大阪市
  • 応用生態工学会 大阪大会 自由集会『ダム湖エコトーン(水位変動帯)の応用生体工学』
     2013年(平成25年) 9月 大阪市
  • 応用生態工学会 東京大会 自由集会『ダム湖における外来魚対策』
     2014年(平成26年) 9月 八王子市
  • 応用生態工学会 東京大会 自由集会『ダムによる水生生物個体群の分断と陸封』
     2014年(平成26年) 9月 八王子市
  • 応用生態工学会 郡山大会 自由集会『応用生態工学からダム管理を考える』
     2015年(平成27年) 9月 郡山市
 
  【出版された本】
 
  • 『ダムと環境の科学Ⅰ ダム下流生態系』(池淵周一著)
      2009年11月 京都大学学術出版会 
  • 『ダムと環境の科学Ⅱ ダム湖生態系と流域環境保全』(大森浩二・一柳英隆編著)
      2011年10月 京都大学学術出版会
  • 『ダムと環境の科学Ⅲ エコトーンと環境創出』(谷田一三・江崎保男・一柳英隆編著)
      2014年11月 京都大学学術出版会
 


<< Top >>
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-14-2 麹町NKビル TEL.(03)3263-9921(代表) FAX.(03)3263-9922
Copyright 2013 Water Resources Environment Center, Japan. All rights reserved.